menu

興信所とは?

HOME » 興信所とは?

興信所とは?

・興信所とは?
「何か困ったことがあれば興信所を使うと良い」とは言うものの、興信所とは具体的に何をする所か、ハッキリしていない人も多いとおもいます。
また探偵と何がどう違うのかについても、いまいちよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。
興信所と探偵は呼び方こそは違いますが、どちらも調査業に変わりはありません。
ただ強いて言えば、興信所は企業調査・探偵は個人調査です。
でも今は興信所でも、個人にまつわる調査を行っています。
今は興信所も探偵も、ほとんど同じと言っても良いでしょう。
2007年に施行された探偵業法でも、興信所と探偵の区別は特につけていません。

・興信所を選ぶポイント
興信所を選ぶ上で見ておきたいのは、調査能力です。
例えば、ある人物の携帯電話番号を手にしたとしましょう。
携帯電話番号からは、色んなことがわかります。
名前・住所・生年月日は当然ながら、勤務先・借金があるかどうか・家族構成・過去の犯罪歴までわかります。
個人情報は気が付かない内に、色んな所に放たれています。
もしSNSをしていて近所の風景をカメラに収めていたのなら、住所をすぐに割り出すことができるでしょう。
調査能力が高い興信所とは、情報ネットワークを広く持っている所かどうかです。
情報ネットワークを広く持っていれば、どんな依頼にも対応することができるでしょう。

・興信所が調査できる範囲
興信所が調査できる範囲は、法律で許された範囲内のみです。
日本に住んでいる以上は、興信所だろうが何だろうが法律に従うのが絶対的なルールだからです。
法律の範囲内であっても、相手が浮気をしているかどうかなどを調べることができます。
浮気だけでなく、離婚の原因となるありとあらゆることに関して、カバーすることも可能です。
調査をして良い範囲かどうかに関しては、探偵業法に記されています。
だからもし違法な調査をしているのならば、すぐに調査を打ち切った方が良いです。
打ち切らずにズルズルと引きずってしまうと、お金を取られるだけでは済まなくなります。

・興信所は秘密厳守
興信所が知る情報量は、並大抵の量ではありません。
中には個人的な情報も含まれるので、秘密を厳守してくれるかどうか不安に感じるでしょう。
でも本当に信頼できる興信所であれば、きっちりと守ってくれます。
情報の取り扱いについても、探偵業法に定められているからです。
また探偵業から離れた後でも、知り得た情報を第三者に漏らすことは禁止されています。
警察や裁判所から情報提示の要請がない限り、情報が漏れることはありません。