menu

夫から離婚を切り出した事例

HOME » 夫から離婚を切り出した事例

夫から離婚を切り出した事例

・SNS不倫
夫から離婚を切り出した事例は、数多くあります。
ただ個人情報に関わることなので一部内容を変えて紹介しますが、事の顛末に関しては全て事実です。

まず紹介するのは、商社に勤めているAさんです。
Aさんが妻の不倫を確信したのは、SNSでした。
SNSがきっかけとなる不倫は、最近増えてきています。
気軽に出会えることから手を出す人が多く、不倫に走る人は少なくありません。
Aさんは妻に問い詰めた所、不倫関係を認めて離婚となりました。
ただ問題は妻の不倫相手です。
不倫相手は一応不倫は認めたものの、「自分は悪くない」の一点張りで慰謝料の支払いにも応じません。
そこでAさんは弁護士の力を借りて、何とか不倫相手から慰謝料を請求することができました。

・悪いのは夫か?
会社員として働くBさんは、真面目を絵に描いたような人です。
女性に対して手をあげるようなことは、生まれてこの方一度もしたことがありません。
しかしBさんの妻は「BさんからDVを受けた」と、離婚を申し立て慰謝料の請求をしてきました。
でも事実は妻が不倫をしており、お金目当てでBさんに慰謝料を請求したのでした。
しかし妻が不倫をしているという証拠はなく、このままではBさんが悪者になってしまいます。
そこでBさんは、興信所に不倫の証拠・弁護士には慰謝料の対応を任せました。
すると妻は急に大人しくなり、慰謝料の請求を却下したそうです。

・性格の不一致による離婚
離婚の原因の多くは不倫によるものですが、性格の不一致による離婚もあります。
Cさんの妻は毎日仕事にでかけており、Cさんは仕事とおもい子育ても家事も承っていました。
しかし妻の帰りは遅く、家事や子育ては全てCさんが承っている状態です。
Cさんにも仕事があるので妻に家のことについても見ておくように言ったものの、「仕事が忙しい」と聞きません。
Cさんは妻の不倫を疑い、興信所に相談。
しかし調査をした所、不倫をしていた事実を掴むことはできませんでした。
でも毎日のように派手に遊び回っており、仕事らしい仕事をしていないことが判明したのです。
仕事をしていない事実を妻につきつけるとあっさりと認めて、離婚という形となりました。

・一昔前は夫・今は...
一昔前は「離婚原因の100%は夫にあり」と、言われてきました。
離婚に関する書籍も、99%は妻側の立場に立ったものばかりです。
でも最近は夫だけでなく、妻側に離婚原因があるケースも増えています。
妻の言い分だけで夫に責任があるとされているケースでも、調べてみると妻に原因があったのもありました。